エルリーガルオフィス

民事再生のご相談なら渋谷区恵比寿の女性司法書士事務所へ

ご相談・お問い合わせはこちら

エル・リーガルオフィス トップ > 債務整理 > 民事再生

民事再生

債務整理を、民事再生で解決するケースについてご紹介しています。
債務整理のご相談は無料でお受けしております。 一人で悩まずにお気軽にご相談下さい。

                    

個人民事再生とは?

裁判所に申立てをし、原則として借金の額を「100万円又は借金の5分の1」にまで減額し、 それを3年間で分割して返済していくという手続です。 減額後の借金を完済すれば,残りの借金については免除されます。

民事再生の選択基準

1) 継続して収入を得る見込みがあること
2) 借金の総額が5000万円以下であること(住宅ローンは除く)

民事再生のメリット

  • 住宅を手放さずに債務整理ができる
    住宅ローン特則を使えば、今まで通り住宅ローンを支払いつつ、住宅を残すことができます。
    なお、自己破産の場合は、住宅を手放さなければいけません。  
  • 借金が大幅に減額される
    借金が大幅に減額されるので、負担を相当小さくすることができます。

    ▼民事再生を行った場合の返済額
     基準債権総額(住宅ローン除く)  返済額
     100万円未満  基準債権総額
     100万円以上〜500万円未満  100万円
     500万円以上〜1500万円未満  基準債権総額の1/5
     1500万円以上〜3000万円以下  300万円
     3000万円超〜5000万円以下  基準債権総額の10分の1

  • 資格制限がない
    自己破産にあるような資格制限はありません。
     

民事再生 ページの先頭に戻る

個人民事再生手続きの流れ

1. 司法書士へのご依頼

各債権者に受任通知を発送し、取引履歴の開示を求めます。取り立てストップ
開示された履歴をもとに、過払い金がある場合は返還請求をし、
その結果、民事再生をせずに済む場合は、任意整理による債務整理をご提案します。

2. 個人民事再生の申立

裁判所に必要な書類を提出して個人民事再生の申立てをします。

3. 再生手続きの決定

申立てが要件を満たし、書類に不備がなければ開始決定となります。

4. 再生計画案の提出

今後の支払い方法を定めた再生計画案を作成し、提出します。

5. 決議

※) 小規模個人再生の場合  ⇒  再生債権者による書面決議
※) 給与取得者再生の場合  ⇒  債権者から意見聴取

債権総額50パーセントを超える債権者の過半数が反対しなければ可決されます。

6. 再生計画の認可

裁判所から認可の決定が下り、それが確定することにより手続きが終了となります。

7. 再生計画に基づいて支払い開始

原則3年(場合によっては5年)で支払いをします。

再出発

民事再生 ページの先頭に戻る