エルリーガルオフィス

遺言作成の無料相談なら渋谷区恵比寿の女性司法書士事務所へ

ご相談・お問い合わせはこちら

エル・リーガルオフィス トップ > 相続 > 遺言作成

相続

相続登記遺言作成相続放棄など相続手続きについてのお悩みを、解決に向けてお手伝いいたします。
当事務所では、相続問題のご相談を無料でお受けしておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

遺言作成について

遺言を作成することによって、相続争いを防ぐことができます。
遺言があれば、原則遺言のとおりに相続されますので、相続争いが起きる可能性が少しでもある場合は、遺言を作成したほうがいいといえるでしょう。
また、もう1つのメリットとしては、自分の望むとおりに財産を相続させることができます。遺言を作成しない場合は、原則法定相続分に従って、遺産が分配されることになりますので、遺産を渡したくない相続人がいる場合や、相続人以外に相続をさせたい場合は、遺言を作成することをお勧めします。

遺言作成 ページの先頭に戻る

遺言の書き方

自筆証書遺言とは

遺言者本人が自筆で書き押印するだけで作成できるもっとも簡単な方式の遺言です。必ず自筆で書き、日付、署名、押印が必要になります。 証人は必要ありません。遺言者の死後、家庭裁判所の検認が必要になります。 詳しい遺言の書き方については、ご相談ください。

公正証書遺言とは

本人が公証人役場に出向き、証人2人以上の立会いの上、遺言の内容を話し、公証人が筆記する方式の遺言です。公証役場で保管されるので、偽造・変造の心配はありません。 しかし、証人が2人以上必要ですので、その証人が遺言の存在を外部に漏らす危険性があることから、秘密が保ちにくいという欠点があります。証人は、弁護士・司法書士等の専門家に依頼するのがいいでしょう。 詳しい遺言の書き方については、ご相談ください。

秘密証書遺言とは

本人が公証人役場に出向いて、証書に内容を記載して署名・押印し、証書を封じ、同じ印鑑で封印をします。この証書を公証人1人と証人2人以上の前に提出し、自分の遺言である旨を宣言します。それを公証人が封紙に日付と共に記録し、本人と証人と共に署名押印して作成する方式の遺言です。 保管は本人が行い、本人の死後は家庭裁判所の検認が必要です。 詳しい遺言の書き方については、ご相談ください。

遺言作成 ページの先頭に戻る